出席停止について
出席停止について
〈 出席停止について 〉

 学校保健安全法第19条により「校長は、感染症にかかっており、かかっている疑いがあり、又はかかるおそれのある児童生徒等があるときは、政令で定めるところにより、出席を停止させることができる」となっています。本校における出席停止の対象疾患および出席停止期間は、次の表のようになっておりますので、ご確認ください。
 なお、出席停止期間中は、医師の許可が出るまで外出はせず、自宅で安静にお過ごしください。

出席停止の書類の流れ
 ① 病院で対象の疾患と診断される。
 ② 保護者から学校へ診断名を連絡する。
 ③ 学校から『出席停止について』の用紙を受け取る。
 ④ 病院で”治ゆ証明書”を記入してもらう。(治ゆ証明書は、③の用紙の下側にあります。)
 ⑤ 治癒した後、初めて登校する日に”治ゆ証明書”を持って登校する。
 
  感染症名 出席停止期間


エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸症候群(SARS)、鳥インフルエンザ(H5N1) 治癒するまで。


インフルエンザ(H5N1を除く) 発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで。
百日咳 特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで。
麻しん(はしか) 解熱した後3日を経過するまで。
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺、顎下腺又は、舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで。
風しん 発疹が消失するまで。
水痘(水ぼうそう) 全ての発疹が痂皮化するまで。
咽頭結膜熱(プール熱) 主要症状が消退した後2日を経過するまで。
結核  
病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで。
髄膜炎菌性髄膜炎


コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、その他の感染症(マイコプラズマ肺炎、溶連菌感染症)
*   ただし、病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めたときは、この限りではありません。
〒714-0076
岡山県笠岡市押撫910-3
TEL:0865-66-0138
FAX:0865-66-4059
携帯でサイトを見よう

QRコード

※モバイルサイトは、上記QRコードを読み取ってお進み下さい。